模範世家~生活休閒網's Archiver

l782qm3b 發表於 2013-5-30 16:57

GUCCIの起源~イタリアでの成功

GUCCIの起源~イタリアでの成功
グッチ (Gucci) はイタリアのファッションブランド。創業者はグッチオ・グッチ (Guccio Gucci 、1881年 – 1953年)。衣服の他、バッグ・財布・靴・香水・時計などを幅広く手がけている。また、会社組織としてのグッチ・グループを指すこともある,[url=http://www.guccijpbag7.com/products/list.php?category_id=9]グッチ長財布[/url]。
  言わずと知れた世界最高峰のブランド『GUCCI』。グッチに魅せられた有名人も多く、オードリーヘップバーンやグレースケリー、ケネディ元大統領夫人もその愛用者であったことは有名です。洗練されたデザインセンスから生まれる『アグレッシブなセクシーさ』と、高品質な素材のもつ『伝統的でシンプルな上品さ』を同時に表現するのがGUCCIの最大の魅力です。『知れば知る程大好きになる』、そんな不思議な魅力と歴史を持った最高のブランドの一つです。
グッチは「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」をコンセプトとし、品質保証を示すために、世界で初めてデザイナーの名前を入れて商品を販売する。グッチオ・グッチの考案した、自らの頭文字をあしらったダブルGのモノグラムが有名である。また、グッチはブランドの元祖と呼ばれる。ブランド品のオリジナルとなり、グッチオ・グッチの考案した財布で、自らの頭文字をあしらったGUCCIの「ダブルG」、「GGキャンバスのモノグラム」はあまりにもメジャーです。世界で初めて、品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られる。
グッチと言えばハリウッド御用達と言ってもいいほどハリウッドの人気俳優に愛されてきました。「ローマの休日」や「ティファニーで朝食を」で一躍世界的なスターになったオードリ・ヘップバーンやピンクパンサーシリーズでお馴染みのピーター・セラーズなどがその筆頭と言えるでしょう。そして、極めつけはモナコ王妃となったグレース・ケリーです。グッチはグレース・ケリーだけの為に希望に沿った華やかな花柄のフローラルプリントのスカーフをデザインし、それはモナコ皇太子であったレーニエ公との結婚式の引き出物として利用されました。そのことによってグッチは世界的な高級ブランドの一角を占めることになりました。
グッチ・グループは、既にグッチ家の手を離れており、フランスを本拠地とする流通会社 PPR (元 Pinault-Printemps-Redoute) の傘下にある。グッチ・グループには、グッチ以外にも、イヴ・サンローラン、ブシュロン、セルジオ・ロッシ、バレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタ、プーマなどのブランドがある。また、グッチグループの株式の 10% 程度を LVMH が保有している。
1921年にフィレンツェのヴィーニャ・ヌォーヴァ通りにトスカーナ地方の熟練した職人たちが作り上げる上質の革製品とイギリスから輸入したカバンを販売し、その修理も手掛ける小さなショップを創業する。グッチオはこの鞄の修理によって、壊れやすい箇所や、そこをどう作れば良いかなどの旅行鞄の作り方を研究することができ、使いやすく丈夫な鞄を作る術を学ぶことができた。そして1923年にGUCCIの店名を掲げる,[url=http://www.guccijpbag7.com/products/detail.php?product_id=215]グッチGUCCIレディース限定版財布[/url]。イタリアのフィレンツェで発祥して以来、ハンドメイドの高級革製品の店としてのブランドを確立してきました。あまりにも有名なダブルGのグッチのマークは創始者グッチオ・グッチの頭文字をとったものです。オープンから数年のうちに、グッチオ・グッチの皮革製品は、乗馬からインスピレーションを得たハンドバッグ、トランク、グローブ、シューズ、ベルトのコレクションを求めて世界各地から顧客が訪れるようになる。そして、くつわとあぶみをモチーフにしたホースビットの革新的なデザインはこの頃に誕生し、後にグッチデザインの普遍的なシンボルとなる。
第2次世界大戦中、イタリアは他国との貿易が禁止されたため原料となる皮革の入手が困難となります。そこで皮革以外の素材と組み合わせることが考案されて「バンブーバッグ」というもち手が竹製のバッグが誕生しました。また革の代用品としてキャンバス地にコーティングを施した素材を使用し、馬具の腹帯に起源をもつグリーン/レッド/グリーンのウェブが人気を博し、グッチのアイコンとなる。このウェブはグッチであることが一目でわかるデザインとして現在も使用されている。そして、ミラノ、ニューヨークにショップを開業させるまで成長する。
グッチオの後、彼の息子であるアルド、ヴァスコ、ウゴ、そしてルドルフォに経営が引き継がれ、1960年代中頃、有名な「インターロッキングGG」ロゴが採用され、ハリウッドで大人気・一躍世界的な高級ブランドです。『GUCCIニューヨーク店』オープン。GUCCIは『世界的な高級ブランド』として、その名を知られるようになります,[url=http://www.guccijpbag7.com/products/list.php?category_id=22]GUCCI【グッチ】新作[/url]。ロンドン・パリ・パームビーチに新規店舗をオープンし、GUCCIは世界中の主要都市で成功していきます。1965年ビットモカシン、1968年、レディースウェア、70年代にはアクティブな女性たちのあいだで一世を風靡したグッチのビットモカシン。このたび1953年のファーストモデルを忠実に再現したモデルが登場した。1970年代に香水を発表し、ブランドのラインナップを増やし、ロンドン、パームビーチ、バリ、ビバリーヒルズにもショップをオープンさせる。そして、同年には、かねてからアルドの目標であった極東地域への進出を試み、東京と香港にショップをオープンさせる。
1994年、トム・フォードがクリエイティブディレクターに就任。グッチの伝統的な高級感を現代のトレンドと融合させ、新しい製品を次々生み出しました。常に世界的な大人気ブランドとして知られていますが、そのブランドの歴史は非常に波乱万障でドラマティックです,[url=http://www.guccijpbag7.com/products/detail.php?product_id=218]GUCCI【グッチ】レディースショルダーバッグ[/url]。1995年には、 トム・フォード初の本格的新作発表会(サテンシャツ・モヘアジャケット・ベルベット ヒップハガー等)が、ミラノコレクションで大成功を収めます,[url=http://www.guccijpbag7.com/products/list.php?category_id=21]グッチレディースバッグ[/url]。96年VH-1 メンズウェア・アンド・ウィメンズウェア・デザイナー・オブ・ジ・イヤー、 99年VH-1 ウィメンズ・デザイナー・オブ・ジ・イヤー等を次々に獲得し、世界で最も注目されるデザイナーとして高い評価を得ます。LVMHの敵対的買収を避けて、フランスの流通大手PPR社の傘下に入ることになる。
デ・ソーレの経営手腕もあり、グッチは急速に事業を拡大させていく。1999年、セルジオ・ロッシを買収。2000年、宝飾メーカー、ブシュロンとイヴ・サンローランを買収。2001年、アレキサンダー・マックイーンの株式の51%を獲得。その後、バレンシアガの株式を91%を所有し、次々にグッチの傘下におさめていく。2002年には、グッチグループからステラ・マッカートニーがデビューする。2001年、トム・フォードがイヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュのデザイナーにも就任しグッチと兼任するなど、フォードとデ・ソーレは影響力をフルに発揮する。
2005年、ジャンニーニが、グッチのレディース・メンズライン、アクセサリーラインをすべて務めることになる。フリーダ・ジャンニーニのセクシーさの中にフェミニンな要素が含まれるファッションは大変好評で、コレクションの時の彼女のファッションまで話題になるほどである。ジョン・レイがクリエイティヴ・ディレクターを辞任。後任にフリーダ・ジャンニーニが就任。東京・銀座にグッチ銀座をオープン。
さまざまな危機を乗り越え、古い伝統を守りつつも時代にあった革新により、グッチは今でも世界中の人々を魅了し続けています。過去のよいものを現代に反映させる商品作りと最上の伝統を最上の品質で」をコンセプトとし、最高の品質を守り続け、伝統をインスパイアしつつ、最先端のデザインを誇っているブランド、それがグッチです。
グッチGUCCI激安専門店
http://www.guccijpbag7.com/
[url=http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/04281419_517cb14e3e660.jpg][img]http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/04281418_517cb13f358c5.jpg[/img][/url][url=http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/04271409_517b5d9984622.jpg][img]http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/04271407_517b5d265ea38.jpg[/img][/url][url=http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/04271224_517b44e9bdf35.jpg][img]http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/04271224_517b44d794260.jpg[/img][/url]
[url=http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/05171726_5195e9cb7d4ea.jpg][img]http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/05171726_5195e9c2e8043.jpg[/img][/url][url=http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/04221253_5174b4332b994.jpg][img]http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/04221253_5174b426a2e51.jpg[/img][/url][url=http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/05171639_5195dec067acb.jpg][img]http://www.guccijpbag7.com/upload/save_image/05171639_5195deb69928e.jpg[/img][/url]
Related articles:

  
   [url=http://www.0523hq.com/home.php?mod=space&uid=112755][/url]
  
   [url=http://www.dahe.org/home.php?mod=space&uid=744983][/url]
  
   [url=http://www.jihadwatch.org/2013/05/pakistan-formally-designates-its-infidel-population-as-dhimmis.html#comments]GUCCIの起源~イタリアでの成功[/url]
  
   [url=http://www.312300.com/home.php?mod=space&uid=249025][/url]
  
   [url=http://bbs.i0514.cn/home.php?mod=space&uid=338109][/url]
  
   [url=http://www.cyys.net.cn/home.php?mod=space&uid=185731][/url]
  
   [url=http://www.nbpink.com/home.php?mod=space&uid=113289][/url]
  
   [url=http://nineteenfiftyfour.org/2010/04/friday-april-2-saturday-april-3.html#comment-59]GUCCIの起源~イタリアでの成功[/url]

頁: [1]

Powered by Discuz! Archiver 7.0.0  © 2001-2009 Comsenz Inc.